ライフティは口コミで審査が甘いと噂

ライフティの審査の流れ

ライフティの審査を受けたい場合は、インターネット、電話のいずれかの方法でお申し込みを行うこととなっていますが、インターネットだと24時間365日お申し込みを行えるので、非常に便利です。

 

お申し込み時には、お申し込み者の基本情報や勤め先の情報の入力といったほか、運転免許証や、保険証などの本人確認書類の提出も行えるようになっています。

 

審査の中では在籍確認が行われ、勤め先に電話がかかってくるわけですが、ライフティでは個人名を使って電話をかけるようにしているため、在籍確認が原因で借入が他の社員の耳に入るといった心配はありません。

 

ここで、注意したいのはライフティでは在籍確認が行われた後でも、不合格となるケースがあるということです。

 

大手消費者金融では在籍確認が完了すれば、ほぼ合格となるのですが、ライフティでは、過去に借入を行っていた際に問題を起こしている人なども多いということもあり、ライフティ側としても慎重にならざるを得ないのかもしれません。

 

そして、審査の結果については電話かメールで連絡が来ることとなっており、借入に関しては、その後、自宅へ届く契約関係書類に記入を行い、返送した書類がライフティに届き次第、可能となっています。

ライフティの在籍確認

ライフティでキャッシングを行う場合もしっかりと在籍確認は行うものとなっています。

 

在籍確認の電話の切り出し方に関しても他の消費者金融などと同様、本人が出るまでは「ライフティ」といった会社名を出すことはなく、個人名を使ってかけてくることとなっていますので、キャッシングの利用が他の社員の耳に入るといった心配は無用です。

 

しかし、他の消費者金融などでは電話がかかってくると都合が悪いなどといった場合に、書類での代用が可能なところも存在しますが、ライフティの場合は電話以外の方法を用いることはできません。

 

ちなみに、ライフティの在籍確認は本人が電話に出た際にいくつかの簡単な質問に答える形となっています。

 

最後にライフティを利用する際の注意点についてもお話しておくと、ライフティは審査に時間をかける会社となっており、在籍確認が行われるタイミングも書類を郵送してから最短でも1週間、最長で1カ月かかることがあります。

 

そのため、即日融資などキャッシングを急いでいる人はライフティ以外のところを探さなければなりません。

 

さらに、大手の消費者金融や銀行では在籍確認が終了すればすぐにキャッシングを行えるところがほとんどですが、ライフティの場合は在籍確認が終了した後でも不合格となる場合があるといった点も覚えておくようにしましょう。

ライフティでのキャッシング体験談

 

ライフティ社からの借り入れをした感想について
Tさん 45歳男性 自営業
借入枠:30万円
借入当時の年収:120万円
利用時期:2014年12月から2016年6月現在
九州圏内(鹿児島・宮崎)

 

 

私がライフティ社からの借り入れをした理由

 

私がライフティ社が扱う貸付商品の利用を申し込んだのは、今から2年前の2014年12月半ばあたりでしたが、その理由は、同年11月に始めた事業の元手として、インターネット上で使用する必要なソフトウェアの購入などを行う事が主な目的でした。

 

そしてWordPressやSpreadSheetsなどの購入を行い、それらの専用ソフト類を用いて業績を上げる事に何とか成功しました。去年の2015年度を経て、現在までにライター請負事業の運営に至ります。

 

 

審査のあり方について

 

私の場合、2014年の12月にインターネット上のポイントサイトを通じて申し込んだような感じでしたが、その後日の昼間辺りにライフティ社の担当者から電話確認があり、そのまま審査に入り質疑応答がなされた覚えが今でもあります。

 

そして電話を一旦切り、約3時間程度で最初希望した10万円分の借入額が認められ、その日中に自分の楽天銀行の口座へ入金がなされるような流れになりました。この事を考えても、審査時間の長さに関しては大変迅速さがあるものといえるかもしれません。

 

 

利息面での課題性について

 

たった1日程度の審査で借り入れが認められたうえに、その日中に口座への入金がされるといった借り易さのありがたさは中々であるといえます。ただ、ここでの同商品においての大きな課題というものは、やはりその金利のあり方であるといえます。

 

30万円以下での借り入れでしたが、月々の返済額は10万円分の借り入れでは5千円からになりますので、ここまではまだ安心できるものといえます。問題は、現在30万円分の借入額で1万3千円の月毎においての返済額ですので、その面での負担が大きいといえます。

 

 

返済面においてのシステムのあり方

 

このライフティ社でのカードローンの扱いは、基本的にキャッシュでの借り入れのみであり、クレジットでの利用は扱ってはいません。そして、銀行自動引き落としではなく借主自らが同社の口座へ入金返済を行う『待ち金システム』になっています。

 

 

ここの商品を利用したメリットについて

 

おかげで、収入が充実をしていない分のカバーが出来たりして業績が赤字の時などにおいてはとても助かりました。

 

 

利用面においてのストレスなどがあったりした経験について

 

今のところはありません。

 

 

今からライフティ社からの借り入れを考えているみなさんへ

 

同社の貸付商品は借り易く、借り過ぎなどが無ければ効率よい運用が可能ですので、待ち金システムなどもあり返済などで苦しい場合などがあっても相談などが出来ます。そうした面を考えると大変オススメといえます。

 

 

自分なりのライフティ社への感想について

 

私の場合、現在30万円までという枠内での無理をしない範囲内での借り入れの状況ですので、このように現在の自分の資力と照らし合わせながら利用をしていけば、とくに問題は無い商品といえます。