闇金の手口

闇金がなくならない理由

闇金の手口を語る男

 

この不景気な日本でお金を借りたい!となる時はあるかと思います。急な結婚式があって今月の生活費が!欲しいものが!

 

といったように今の収入で満足していない人は、こういった事でお金借りれればなんて思ったりすると思いますが、大抵は消費者金融で借りる事ができます。

 

今は20歳であればフリーターでも貸してくれる公式の消費者金融もあるほどです。ではなぜ闇金に行ってしまうのか?それはもうどこにも借りる事ができなくなった人が最後の駆け込み寺として闇金を利用します。

 

どこにも借りれなくなる状態というのは、年収の3分の1以上借り入れをしてしまった人や滞納してしまってブラックリストにのってしまった人がどこからも借り入れが出来なくなる状況に陥ります。その頃には大抵正規の消費者金融への返済が困難な状況に陥っている事がほぼなので、闇金へと行くわけです。

闇金の審査は簡単

そして正規の消費者金融は国から認定された貸金登録番号というものがあります。これはちゃんと国が設定した利息で運営していますよ、という証拠でもあります。

 

ですが闇金は登録なんてしていないので簡単に審査が通ります。

 

闇金の手口@

最初は正規の金融業っぽく丁寧な口調で借りたい理由や職業などそれっぽく聞かれますが、一番正規の金融業者と違うのは”何かあった時の為に緊急連絡先を”といって親以外の連絡先や兄弟の働いてる場所などを聞いてきます、これが手口です。

 

普通、正規の金融業者はお客の年収を聞いて、JICCやCICといった信用情報機関に問い合わせをして貸せる人か判断して貸しますが、闇金はそもそも登録業者ではないので信用情報を見る事ができません。

 

なので聞く事は個人情報だけです。これであとは本人と会うこともなく借り入れ出来ます。僕は最終的には借り入れは出来なかったですが……。その説明は後術。

貸し出し金額は個人情報の多さで決まる!

闇金の手口A

闇金は信用情報を見る事が出来ないのになぜ貸せるのか?まずは30万円まで融資します!と銘打っておいて個人情報を引き出すのです。

 

そこで個人情報があまり聞き出せなかった時や、その個人に知人や兄弟が居なかった時など3〜5万円まで下がります。なので兄弟が一流企業に働いてるとわかった瞬間に50万円まで貸せると言ってきます。

 

つまりどれだけ本人からむしり取れるか査定しているんですね。

 

金利は大体年18%くらいを言ってきます。返し方もスライドリボルビング方式を言ってきます、これは利息だけ返せば元金を返さなくても良い、(逆に言えば利息だけ一生取られ続けるわけですが)方式ですね。

 

そして返済能力を見たいと言われ、1万5千円を貸すので3日後に3万円にして返してください、そうしたら20万円までお貸し出来ますので、と言われますこれは相手の口座を知る方法です。これで審査完了です。

そして闇金の本領発揮!!!!

そして無事返済能力を見せる為に3万円も払い終わり、いざ貸し出しとなった時に闇金は本領発揮します。

 

理由は色々ありますが、僕の場合…

 

闇金の手口B(私の体験より)

あなた色んなとこに借り入れの申し込みしてますよね。と上司らしきひとから電話がかかってきて……これは違法なので違約金が10万円かかっちゃうんですよ。これを払わないと借りれないと言われます(今思うとブラックリストにのってるんだから他社申し込みしてるのは当たり前なのですが)

 

それを断ると今度はキャンセル料払え!となります。そこからはお店に電話、兄弟に電話、電話口では激昂しながら救急車10台呼ぶ!やピザを勝手に頼んでやる!など言われ、最終的には個人では収集がつかなくなる状況に陥ります。

 

弁護士しか解決出来なくなります。これが闇金の闇と言われる部分です。このような業者ばかりではないと思いますが、運が悪いと当たってしまいます。

何があるかわからない闇金

そして弁護士を介入してやっと安堵できたと思った数ヶ月後…。掘り起こしという技法で、三ヶ月前の貸した金額が膨れ上がってるから早く払え!と言われます。

 

これは弁護士とつながりが切れた頃であろう時に言ってきます、なので弁護士とは最低一年間は付き合ってください。弁護士も闇金に強い弁護士と弱い弁護士がいます、そこも間違えると長い戦いになってしまいます。

闇金は悪いことはあっても良いことはあまりない!

闇金を否定する男性

 

最後に闇金は最終手段である代わりに最高に危険でもあります。大手消費者金融ではありえないような事をしてきます。消費者金融で借りれるうちはまだ”良い方”です。

 

こんな闇金ばかりではないと思いますが、ほとんどが詐欺まがいの闇金ばかりです。登録していない闇金業者は500件にも及ぶといいます。

 

この中から運良く良い闇金に出会えるのは確率的に危険です!

世の中には危険がいっぱい

世の中は危険がいっぱいで、”多重債務者貸金組合”といった闇金斡旋サイトもあります。!これはブラックリストにのってにっちもさっちもいかなくなってしまった人には救済組合だと思って登録してしまうととんでもないことになってしまいます。

 

なので消費者金融で借りているうちにしっかりと計画をもって使って返済してください。

 

大抵の人は自分の預金のように自由に引き出してしまい、

  1. 借り入れ → 限度額いっぱい
  2. 他行借り入れ → 限度額いっぱい
  3. 他行申し込み → 断られる
  4. →闇金

といった流れになるので第1段階でとめておく事が普通の人間として生活できるところです、くれぐれもご利用は計画的に。